会社案内

TRC高田外観_200px.JPG株式会社ティーアールシィー高田(TRC高田)は昭和33年、2輪車の燃料タンクを板金加工にて生産したのが出発点です。

そして半世紀が経ち、今ではお客様のニーズに応えるべく、常に最新技術を追求し、金型、冶具設計からプレス、溶接加工、表面加工まで2輪、4輪部品を中心に幅広く生産しています。

今後は今まで以上に環境保護にも視野に入れ、入念な品質管理の下、お客様に信頼される企業を目指していきたいと思います。

 

→ ティーアールシィー高田の「会社案内」の詳細はこちら

新着情報

2016年4月1日 田修平が代表取締役に就任しました。
2013年3月2日 マシニングセンタVC-SMART430Aを導入しました。
2012年5月19日 TIGフィラー溶接ロボットを導入しました。
2012年3月13日 ISO9001認証ロゴ追加、会社案内、沿革更新しました。
2011年10月14日 製品写真更新しました。
2009年12月3日 従業員の声(従業員ブログ)追加しました。
2009年11月26日 TRC高田経営理念掲載しました。
2009年11月16日 工程管理ページ追加しました。
2009年10月6日 営業カレンダー追加しました。 
2009年10月1日 株式会社ティーアールシィー高田のホームページを開設しました。

事業内容

サーボガンスポット溶接ロボット_230px.JPGティーアールシィー高田TRC高田:静岡県浜松市)は、鉄からステンレスに至るまで、さまざまな材質のプレス加工から溶接加工の一貫生産を得意としています。

さらには協力工場と力を合わせさまざまなパイプの曲げ表面処理も受注が可能です。

最近ではサーボガンスポット溶接ロボットの導入など、工程の自動化によりコスト削減品質向上を実現し、お客様のニーズに応えるよう努めています。

50年有余り受け継がれてきた高度な溶接技術を持った職人工も在籍し、複雑なアーク溶接も可能です。

弊社にて対応できるものであれば、どんな物にもチャレンジし、必ずお客様を満足させていきます。

 

→ 株式会社ティーアールシィー高田の「事業内容」の詳細はこちら

設備紹介

110t150tプレスライン_230px.JPG株式会社ティーアールシィー高田(TRC高田)の保有する設備をご紹介いたします。

プレスは、35t〜250t単発プレスライン110t順送プレスラインを配備しております。

溶接は、 外部1軸付TIG/MAGツールチェンジャーロボットサーボガンスポット溶接ロボットハンドリングスポット溶接ロボットによりアーク溶接、スポット溶接の自動化さらにはシーム溶接設備も配備しております。

 

→ ティーアールシィー高田の「設備紹介」の詳細はこちら